メニュー

舌下免疫療法・皮下免疫療法

免疫療法は花粉症、通年性アレルギーに対する体質改善の治療とも言われ、根本的治療として期待されています。
薬物療法に比べて長期的に症状を寛解に導く可能性があります。
また、注射による皮下免疫療法に代わり、舌下免疫療法が出現し患者さんも治療を続けやすくなりました。

Doctors Fileさんの取材でも免疫療法に関してpick upして頂き、院長が特徴などを説明しています。是非ご覧下さい。

 

 

舌下免疫療法(スギ、ダニ)

現在はスギ花粉症と、ダニの通年性アレルギーに対して治療可能です
スギアレルギー、ダニアレルギーが確定した患者さんに対して舌下錠で治療を行います。
毎日1錠、決められた時間に舌下保持の後内服(もしくは吐き出す)します。
スギ花粉飛散時期の治療開始は避けるように推奨されています。
そのため、例年5月のGW明けから新規の患者さんの治療は開始可能です。
治療期間は3〜5年間が推奨されており、治療終了後もしばらく効果が持続します。
患者さんによっては治療開始後初回のシーズンから効果発現が認められます。
初回治療は院内で舌下錠を内服して頂き、アレルギー症状が出ないことを確認します。
30分ほどの症状観察が必要なため時間に余裕を持って来院して下さい。

<費用>
費用は薬代も含めて、自己負担分で月々3000円〜4000円程度です。
中学生までは保険診療のため医療助成の対象です。

皮下免疫療法

アレルゲンを皮下注射で投与する治療法です。
週1回の通院と、注射が必要になります。
メリットとしては統計的に舌下錠より効果が高い点にあります。
デメリットとしては月1〜数回程度通院を要する点と皮下注射が必要になることです。

免疫療法に関しては、患者さんと相談し治療選択をさせて頂いております。
希望の治療がある場合は、お申し出下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME